流通小売業向けシステムサービス|株式会社ユニックス
採用ブログ

ユニックスのオフィスを見れば働くイメージが湧きますよ!

2019.02.21

皆さんこんにちは。採用担当の村松です。
2月1日、19日にユニックス本社でインターンシップを開催しました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

特に、例年好評の社内見学ツアーでは、実際に働いている現場をまわり、
どんな仕事をどんな風に進めているのか、またその場で様々な質問をしたりしながら、
働いている人はどういう人なのか、実際の雰囲気や働く仲間の様子を感じとってもらい、
働くイメージを持ってもらえればと思っています。


次回は、2月27日開催。このような内容を実施しています。
 ■ ユニックス製品・サービスが実現する効果・貢献
   (デモによるシステムのチラ見せもあり)
 ■ AIやデータ活用の進化
   (これからのITの世界はこうなる!)
 ■ 社長挨拶
   (ユニックスのビジョン、新卒への期待)
 ■ ユニックスでの仕事内容とキャリア
   (具体的にどんな仕事がある?)
 ■ 社内見学ツアー
   (社員の仕事を覗いてみよう)
 ■ 若手社員への質問タイム
   (やりがい、失敗、入社の理由、つらさ、入社してから)
 ■ 人事担当者よりアドバイス
   (今後の流れ、面接突破のコツ)

日程が確定していない方も、3月以降の説明会日程等をお知らせさせていただきます。
まずはマイナビよりエントリーを!お待ちしております。




マイナビ2020



カテゴリー: 採用関連情報

山田のライフワークバランス!

2017.01.27

皆さん、こんにちは。
ストラテジックビジネスアカウント部の山田です。

私はシステムエンジニア(SE)として入社しました。
新卒でユニックスに入社して8年目を迎えます。
仕事については既に書いている人が多いので、
主に最近あったことを書きたいと思います。

-------------------------------------
~出張先でのハプニング~
-------------------------------------
SEと聞くと社内で1日中パソコンに向かっていると
想像する方も少なくないと思います。
ユニックスのSEはお客様とお話をする機会がとても多いです。
日本全国にお客様がいるため、色々な場所に行けます。

昨年の12月に北海道に行きました。
その日はニュースで「全国的に大寒波」と報道されている日でした。
もちろん、北海道も大雪でした。



お客様との打合せも終わり、週末だったので、
「帰って休日を楽しもう!」という気持ちでしたが、
移動中に「飛行機が飛ばない」と連絡があり、事態を把握しました。
高速道路は通行止めになり・・・、
JR北海道も電車が止まってしまい・・・、
結局、飛行機も飛ばないまま、5日間も北海道に滞在しました。
飛ぶかも分からない便のキャンセル待ちで行列に並ぶ日々は、
終わりが見えず、修行のような日々でした。

ですが、良いこともありました!
朝一で二条市場まで足を延ばして観光できました。
うにいくら丼を食べることができました!
一番手前が私です!



薄暗い中、ハラリハラリと雪が振る光景は少々トラウマですが、
貴重な体験もできたと思います!

-------------------------------------
~職場仲間とのイベント風景~
-------------------------------------
会社の仲間との食事会も気分で所々開催されてまいす。



これは、ユニックスベトナムから日本に来たメンバーと
「餃子パーティー」をしたときの写真です。
右側に座っている3名がベトナムから着てくれました!
SEはユニックスベトナムの方と仕事をする機会が多いです。
こうして会うこともできますが、ユニックスベトナム社とは、
常にTVモニターを介して繋がっており、顔を合わせて会話ができるので、
コミュニケーションもバッチリです!(たぶん)

バーベキューなども気分で開催されます!
ユニックスには研修センターがあり、そこでもバーベキューができます。
確か研修センターでやると、会社から少し応援して貰えるのでお得です!



レクリエーションイベントも不定期で開催されます。
もちろん、プライベート優先の自由参加です!
写真は駿府夢広場でカートをやった際のものです。



前回は御殿場遠征だったのですが、
私は北海道の大寒波で参加できませんでした・・・。
また遠征があると良いな・・・と期待しています。

以上、ユニックスでの生活でした!


カテゴリー: 社員紹介

「日本の小売業の素晴らしさ」をアジアへ!! 世界へ!!

2016.02.01

こんにちは、社長の中田圭です。
いまユニックスは、3つの成長戦略を進めていますが、そのひとつが「Global」です。Uniccs VietNamはもう既に軌道に乗っておりますが、今日は中国のお話。

みなさん、海外に行って「日本の小売業は良いなあ」って感じたことはありませんか?まずサービスが良い。もちろん商品も良い。そして買い物がしやすい。日本文化の「おもてなし」と言う気持ちから「お客様のためを考えて」と言うのがヒシヒシと伝わってきます。実はあれ、小売業の方々はとても苦労して、いろいろ考えて、工夫した成果なんです。日本での買い物に慣れている人は、空気のように「ふつう」に感じていると思いますが。
例えばドラッグストアの品揃え(業界用語でマーチャンダイジングと言います)。ハンドクリームと言う一つのカテゴリを取っても、同じような商品がたくさん並びすぎるとお客様は迷ってしまいますよね。選択基準が明確になっていない消耗品を買う時に悩んでしまうのは、快適な買い物環境とは言えません。
お客様の代わりに、用途ごとに「どういう比較ポイントがあって、どのくらいの価格帯の商品が、どのくらいの種類があれば買いやすいか?」と言う事を、しっかり考えているから、「欲しい商品が見つかりやすい」と言う売場が出来上がります。
これって実はすごい事です。選択肢が多すぎてもダメ、少なすぎてもダメ、かつ商品の特徴が重なってしまってもダメ。さまざまなタイプのお客様が来て、それでもスムーズに選べて、買いたいものがある。難しそうですよね?

ユニックスはいわゆる「システム会社」ですが、そんな小売業と一緒に仕事をしてきて、「日本の小売業のスゴサ」を注入したソリューションと、体験した従業員がいます。
私は日本の小売業は車や電化製品などの製造業と並んで極めて優秀な産業と考えていますし、兼ねてから「小売業の仕組みの輸出」をしたいと思っていました。

そして現在。。。
ユニックスの海外案件1件目として、中国のプロジェクトが進捗中です。稼働は2016年9月。
もちろん日本とは商習慣、法的環境、SCMの成熟度などに大きな差がありますから、「日本のやり方」を押し付けてもダメです。


それでも現場の方々と知恵を絞りあって、良い業務の仕方、各部署の責任範囲、商品入れ替えや売価を変更する時のルール策定などを決めて行って、それを実現するシステム化を進めて行きます。

時には売上データやお客様の動線からお店のレイアウトを一緒に決めて行く、なんて仕事も一緒にやっていきます。


仕事の後は、屋台でまたまたディスカッション


2015年のインバウンドの方々は約2,000万人と言われていますが、来日した方々は商品だけではなく日本のお店の楽しさも体感して帰国されたはずです。
いっぽう海外市場は大きく、中国だけでも15億人の人口を有します。日本小売業の「お客様の事を考える店づくり」に共感してくれる海外の小売業や海外展開する日本小売業の方々と、消費者も、小売業も、ユニックスも、Win-Win-Winになるようなビジネスモデルを作りたいと強く思っています。


カテゴリー: 職場・仕事紹介
1 , 2 , 3 , 4 ...12 次の3件 »
全 34 件中 1 〜 3 件目を表示
1 , 2 , 3 , 4 ...12 次の3件 »
全 34 件中 1 〜 3 件目を表示