流通小売業向けシステムサービス|株式会社ユニックス
採用ブログ

新型コロナ、ユニックスの勤務状況

2020.04.24

皆さんこんにちは。採用担当の村松です。今回は、最近の在宅勤務状況について紹介します。

私たちのお客様はいわゆる社会インフラと言われる小売業(スーパーやドラッグストアなど)の方々ですので、特にシステムの運用保守面などは、通常通りしっかりお客様をバックアップする必要があります。(つまり、ありがたいことに?仕事は全然減っていません。。。)

一方で、2月中旬くらいから様々なコロナ対策が進められています。いま、ほとんどの人がテレワークで働いていて、出社している人はヘルプデスク当番や経営管理部の人が一部のみ。


 (ガラガラなオフィス)


 (ヘルプデスクは通常)


 (自然に囲まれた研修センター)


 (研修センターで作業を実施)


お客様とは可能な限り対面での打ち合わせを自粛し、従来から利用していたテレビ会議システムが大活躍中です。

従業員同士のコミュニケーションも、基本的にSNS、Web会議などの活用でカバー。



ベトナム子会社もベトナム政府の発表により在宅勤務になっているため、基本Web会議です。

ユニックスはIT企業でかつ派遣常駐や下請け業務の開発がないため、ほとんどテレワークで仕事ができます。そういう面ではこういう時期に恵まれた方だし、文句も言えないですが、やはりテレワークって大変です。私が感じるのは、

  • 動かない。極力、休憩時間に散歩をするようにしています。(もちろん人混みは避けて)しかし、先日の雨の日は一歩も外に出ず。一日の歩数を確認してみたら43歩!!また、子供からお腹がすいた!コールのおかげで規則正しく食事をとるようになりましたが、運動量と食事量のバランスが。。。
     
  • 家族の理解が必要。家にいるとどうしても子供や夫から色々頼まれちゃう、、、。(わたし、仕事中なんだよー!)
     
  • 対面での大切さ。ちょっとしたニュアンスや雰囲気などがわかりにくいので、テレワークでも音声通話よりビデオ通話の方が助かります。特に面接は基本的にオンラインに切り替えていますが、会社見学や最終面接は直接会って感じてほしいので先月までは来社してもらっていました。(今後は未定で、感染リスクとのバランスで悩ましいところです。。。)

他にも開発系の社員からは、

  • オフィスではPCに30インチのモニターを接続して業務。テレワークでは17インチのPC画面、目が疲れて仕方がない…。思わず、会社にモニターを取りに行きました。本業の効率性は維持しないとね。
     
  • 電話と違い、Web会議では複数人かつ資料説明もできて慣れれば全くストレスなし。このままテレワークOK。
     
  • 「オンラインランチやってみたら、久しぶりの雑談で楽しかったです。」
     
  • 社内会議が久しぶりにタバコ吸いながらできる。
     
  • 相談や電話で作業が途切れる事が減ったのでむしろ集中できて快適♪

なんて声もありました。

新型コロナは長期化する可能性が高いですから、工夫してより快適に仕事をしていきたいですね。


カテゴリー: 職場・仕事紹介

「日本の小売業の素晴らしさ」をアジアへ!! 世界へ!!

2016.02.01

こんにちは、社長の中田圭です。
いまユニックスは、3つの成長戦略を進めていますが、そのひとつが「Global」です。Uniccs VietNamはもう既に軌道に乗っておりますが、今日は中国のお話。

みなさん、海外に行って「日本の小売業は良いなあ」って感じたことはありませんか?まずサービスが良い。もちろん商品も良い。そして買い物がしやすい。日本文化の「おもてなし」と言う気持ちから「お客様のためを考えて」と言うのがヒシヒシと伝わってきます。実はあれ、小売業の方々はとても苦労して、いろいろ考えて、工夫した成果なんです。日本での買い物に慣れている人は、空気のように「ふつう」に感じていると思いますが。
例えばドラッグストアの品揃え(業界用語でマーチャンダイジングと言います)。ハンドクリームと言う一つのカテゴリを取っても、同じような商品がたくさん並びすぎるとお客様は迷ってしまいますよね。選択基準が明確になっていない消耗品を買う時に悩んでしまうのは、快適な買い物環境とは言えません。
お客様の代わりに、用途ごとに「どういう比較ポイントがあって、どのくらいの価格帯の商品が、どのくらいの種類があれば買いやすいか?」と言う事を、しっかり考えているから、「欲しい商品が見つかりやすい」と言う売場が出来上がります。
これって実はすごい事です。選択肢が多すぎてもダメ、少なすぎてもダメ、かつ商品の特徴が重なってしまってもダメ。さまざまなタイプのお客様が来て、それでもスムーズに選べて、買いたいものがある。難しそうですよね?

ユニックスはいわゆる「システム会社」ですが、そんな小売業と一緒に仕事をしてきて、「日本の小売業のスゴサ」を注入したソリューションと、体験した従業員がいます。
私は日本の小売業は車や電化製品などの製造業と並んで極めて優秀な産業と考えていますし、兼ねてから「小売業の仕組みの輸出」をしたいと思っていました。

そして現在。。。
ユニックスの海外案件1件目として、中国のプロジェクトが進捗中です。稼働は2016年9月。
もちろん日本とは商習慣、法的環境、SCMの成熟度などに大きな差がありますから、「日本のやり方」を押し付けてもダメです。


それでも現場の方々と知恵を絞りあって、良い業務の仕方、各部署の責任範囲、商品入れ替えや売価を変更する時のルール策定などを決めて行って、それを実現するシステム化を進めて行きます。

時には売上データやお客様の動線からお店のレイアウトを一緒に決めて行く、なんて仕事も一緒にやっていきます。


仕事の後は、屋台でまたまたディスカッション


2015年のインバウンドの方々は約2,000万人と言われていますが、来日した方々は商品だけではなく日本のお店の楽しさも体感して帰国されたはずです。
いっぽう海外市場は大きく、中国だけでも15億人の人口を有します。日本小売業の「お客様の事を考える店づくり」に共感してくれる海外の小売業や海外展開する日本小売業の方々と、消費者も、小売業も、ユニックスも、Win-Win-Winになるようなビジネスモデルを作りたいと強く思っています。


カテゴリー: 職場・仕事紹介

3年目に突入~!

2015.01.21

皆さん、こんにちは。ストラテジックビジネスアカウント部の太田です。
前回のブログ掲載から2年近くたちました。早いものですね。
今回は以下の3点について書いていこうと思います。

・ユニックスへの入社理由
・ユニックスに入社してよかったこと
・仕事の内容

ではまず「ユニックスへの入社理由」について。
自社パッケージを持っている、立地、会社の規模、この3点です。
やはり自社パッケージを持っているというのは私の中では大きいですね。

続いて「ユニックスに入社してよかったこと」について。
やはり1番は自分自身のスキルアップに繋がったことです。
数種類の自社パッケージがありますので、いろんな技術や知識を身に付けることができました。
あとは、前回も書きましたが人間関係ですね。
上下間の風通しがよく、自分の意見を素直に主張できとても仕事のしやすい環境です。

最後に「仕事の内容」について。
現在私が所属している「ストラテジックビジネスアカウント部」という部署は、とても案件が多いお客様を担当する部署です。
お客様と話す機会も多く、ハイスピードで案件をこなしていきます。
私の主な業務としては
・要件定義
・要件に対する工数の試算
・設計
・成果物に対する受入(検証作業)
・リリース作業
といった形で、SEとしての業務になります。
開発は複数のPGがいるため横展開できますが、設計と受入は個人になるため、そこに仕事が集中しやすくなかなか忙しいです。
また、現在は大型案件で難易度が高いため、一時的に開発も行っています。
元々開発は好きなため、楽しみながら製造している最中です。

興味がある方は是非一緒に働きたいです。常に案件があり、一緒に作業していくことができますのでスキルアップも早いですよ。



カテゴリー: 職場・仕事紹介
1 , 2 , 3 , 4 次の3件 »
全 12 件中 1 〜 3 件目を表示
1 , 2 , 3 , 4 次の3件 »
全 12 件中 1 〜 3 件目を表示